Pocket
LINEで送る

楽しい会話とお酒と肴を提供出来るお店に

Q.今のお仕事を始めたきっかけは?

18歳の頃からずっと調理の仕事をしていまして、市内の大手ホテルに23年程勤めていたんです。
その後、地元浜名湖方面近くにある和食屋でも10年程勤めました。

調理に携わる中でいつかは自分のお店を出したいという気持ちがあった事と、勤めていく上で確実にお金は貰えるがそれ以上でもなければそれ以下でもない、このまま続けていくのはメリットもあるけどデメリットもあると考えていました。

それであれば、これからは家内と一緒にお店をやっていければいいなと考えて今のお店を始めました。

Q.開始時はどんな状況でしたか?

今のお店を借りた時は内装も何もない状態だったので、一から全部作りました。

嬉しい事に、オープン当初から地元関係の方や知り合いの方にたくさんご来店頂けていますし、大手自動車工場の寮が近くにありますので、そこでお勤めの方も多く来て頂いています。

前の通りは車の往来は多いですが、入りにくい場所でもあるので来て頂けるだけでも有難いなと思います。

Q.一番苦労したことは何ですか?

いかにお客様にご来店頂くかです。

週末は多くのお客様に来て頂けるんですが、平日はなかなかわからないところがあります。
こちらとしては待っている側で、お客様が来られないと仕事が出来ないので。

Q.今後どんなお店にしていきたいですか?

お店の名前に「ほったらかし」とありますが、気楽に来て頂けるように心掛けています。

気を使って飲んだり食べたりしても、美味しくないですから。
楽しい会話とお酒と肴を提供できればと思います。
逆に全く「ほったらかし」じゃないねって言われますけどね(笑)

あとは、一人でも多くの方に喜んで頂けるように、日々試行錯誤していますよ。
メニューに関して、色々な年齢層やお好みにそれぞれ併せられるようにと仕入れをして、お気軽に低予算で食べて飲んで頂けるように、値段設定も出来る限り努力しています。

その中で色々な交流が出来ていい関係が築いていければと思います。

Q.お店を経営するということは何だと思われますか?

大変なところはあります。勤めている方が楽な部分もあると思います。

私も若い頃は勤めていた方が生活面でも安定していて良いと思っていたことがありましたが、自分の店をやりたいという夢がありましたので、お店をやらずにいるのは何か収まらなかったんです。

景気が良かった時にお店を経営されていた人の中で、何人かはもう辞めてしまっていたりするので、この時期によく始めたねと言われることもあります。

ただ、応援してくれる方が大勢いましたのでその期待に答えていきたいですし、当然やるからには精一杯やります。
やっていく中で見えてくることも色々とあるので、まだまだこれからだと思います。

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

来て頂いたお客様にどれだけ楽しんで貰えるか、楽しんで貰った上で次来て頂けるかだと思います。

気配りをしていかなくてはいけませんし、逆に顔色ばかりうかがってもいけません。
色んなお客様がいますので、10人が10人とも喜んで頂けるものではないかもしれません。

でも自分のお店だからやりがいがありますし頑張れます。自由なので何とでもなります。あとはどう自分で変えていくか?ですから。

自分とお客様とでお互いにいい関係でいられれば長く続いていくもの。
重要なのは、やっぱり人と人とのつながりです。

食彩酒房 ほったらかし
静岡県浜松市中区西伊場町47-9
JR 東海道本線 浜松駅 遠鉄バス[20]系統「西郵便局」停留所から約500m
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク