Pocket
LINEで送る

「商売は商い(あきない)とも言うので、お客様を飽きさせてはいけない」

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

元は建築関係で3年、営業の仕事を14年しました。
なので、いわゆる「脱サラ組」ということですね。

その後お誘いがあって、飲食チェーン店に転職をして店長を5年勤めました。
ずっと、「自分でお店を持ちたい」という気持ちがありましたので、11年前に湖西市の新居で独立・開業をしました。

Q.一番苦労した点は何ですか?

オリジナルの焼き鳥が無かった点ですね。
全部で多くても5~6種類くらいのものしかなかったんです。

レパートリーを増やすためにTVや本を参考にしたり、食べ歩きなどをしたりしてきました。

Q.長く続けてこられるポイントは何ですか?

やはりブレることなくやって来たことだと思います。焼鳥や串焼き一本でやって来たことですね。

Q.常に心掛けている点は何ですか?

初めてきてくれたお客様を、必ずリピーターとしてもう一回来てくれるようにすることです。
その為に大事なのはお客様とのトークだと思います。

お客様にとって大事なところというのは、料理の味が3割、お店の雰囲気が3割で、残りの4割は店主の人柄だと思っています。

Q.ヘアサロンのような技術職だと、お客様は人に付くと言いますよね?

そうですね。飲食店でも同じだと思います。
どんなに料理が美味しくても、お店側の印象が良くなかったら行きたくなくなってしまいます。

Q.経営をする上で、やってはいけないことは何ですか?

食材や調理で絶対に手抜きをしません。
仕入れは新鮮なものを出すために、必ず国産のもの、出来るだけ地元の食材を使っています。

Q.尊敬する人物はいますか?

自分が修業時代に、料理を教えてもらった親方さんですね。

「商売は商い(あきない)とも言うので、お客様を飽きさせてはいけない」「お客様を飽きさせてしまったら終わりだよ」という事を教えてもらいました。

Q.これからどんなお店にしていきたいですか?

もっといろいろな料理を出していきたいと思っています。
例えば肉巻きでも「こんなものまで巻いているの?!」というものが出せたらいいなと思います。他には無いものを出したいですね。

また、お客様がくつろげるようなお店にしていきたいと思います。

Q.これを読んでいる次代の経営者に一言お願いします。

失敗を恐れていたら何も出来ません。
失敗を失敗と思わずに、これも成功だと思ってやっていく事が大事です。

鶏鯱
静岡県浜松市中区田町231-8 プレイスワン田町 1F
JR東海道本線 浜松駅から約860m/徒歩11分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク