Pocket
LINEで送る

独立して一国一城の主となったら、自分の信念を曲げてはいけない

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

元々自転車店に勤めていましたが、いわゆる脱サラのような形で独立しました。

実家が自転車店だったこともあり、学校を卒業後すぐに自転車店に勤務して、販売と修理をずっとやってきました。
県内で3店舗くらい勤めた後、2008年に奥さんの出身地である浜松へお店を出しました。
自転車の業界には30年以上いることになります。

Q.スポーツ自転車を専門的に扱おうと思ったきっかけは何ですか?

開業した当時は、一般車(いわゆるママチャリ)が6~7割くらいでスポーツ自転車が3割くらいの割合でした。
一般車というのは需要時期があり、中学生が高校進学の際に買いに来る時期が1番忙しいんですが、実は1番儲からないんです。

当初はそれでも良かったのですが、始めてから1.2年を過ぎた頃周りにライバル店が次々に増え、値引き合戦が始まりました。

大きい資本を持ったチェーン店は仕入れ値が安くできるので、同じ値引きをしても自分のお店は儲からないけどチェーン店ばかり儲かる状況になってしまうんです。
そのうちにドンドン疲弊していきましたね。

なので、ライバルのより少ないスポーツ自転車の方へシフトしていったのです。
今では、一般車の割合は1割にも満たないくらいです。

Q.一番苦労した点は何ですか?

オープン時には事業計画や返済計画を作って銀行さんに提出し、お金を借りる状況になるわけです。
そうして、オープンした始めの年はうまくいっていたのですが、その年にリーマンショックが起きてお金の回りは良くなくなりました。

そもそも自転車は、バブルの頃も売れていたわけではありません。
今のような不景気の時代でも通学の需要がある為景気には左右されにくい業界ではあるんですが、それでもじりじり下がっていきました。

子供さんが減っている事も原因の1つですね。台数も売れないし、儲けも少ない。

一方でスポーツ自転車は売れれば単価は高いですが、1回では売れずに自動車の商談と同じで2回、3回、4回と来店してもらってようやく売れるんです。
そこが楽しいという所もあるのですが、大変ですね。

Q.やりがいを感じる時は何ですか?

一般の感覚でいう、高いものが売れた時ですね。
しかも、それがしっかりとした納得の上で買っていただければ一番ですね。

Q.お客様から頂いた言葉で嬉しかった言葉などはありますか?

浜松のスポーツ自転車の世界では、60年とか100年続くような老舗の自転車店でも一般車だけでなくスポーツ自転車も扱うので、昔からのお客様はそういうお店に行ってしまうんです。

それならばという事で、自分のお店では「初心者のためのお店」という事を謳っているんですよ。
本当に初心者の方が来てくれて「老舗のお店は敷居が高い」「こちらは入りやすいし、買ってよかった」と言って頂ける事が1番嬉しいですね。

Q.成功のポイントは何でしょうか?

高いものを販売していますので、それに見合う技術力が必要になります。
そのため、講習会などに参加して常に最新の技術を会得し、お客様にもしっかり伝えて納得してもらうようにしています。

自転車もインターネットで買える時代となりましたが、自転車は壊れる商品ですのでどうしても修理が必要になりますよね。
自分はオープン当初から他店舗で購入された自転車でも修理を受け付けています。
そこが1番好評頂いている点で、そこからつながって当店で新しい自転車を買ってくれるお客様もいます。

Q.経営をする上でこれだけはやってはいけないという事は何ですか?

独立して一国一城の主となったら、自分の信念を曲げてはいけないと思います。
他のお店が安く売るから自分も…となると、大きなお店に負けてしまいます。

自分のやり方を確立することですね。
飲食店などでも、自分の味が大事ですよね。一本筋の通っていることが必要です。
なので、時にはお客様のご要望に対して「それはできません」とお断りせざるを得ないこともあります。

Q.尊敬する人物はいますか?

セミナーなどに行くと、自分より若い講師の方も多くいらっしゃいます。特にIT関連のセミナーは20代・30代の講師の方が多いですね。
そういう方たちでも、若いからと言ってバカにはできません。

自分の知らない事を知っている方に対しては、男性であれ女性であれ尊敬の念を持つべきだと思います。
自分もそういう方のことは皆尊敬しています。

当店で扱うような外国のメーカー品やスポーツ自転車は、年間契約制度やテリトリー制度がある為販売出来る店舗数が限られていることがあるんです。
自分のお店は後発なので、特に限られてしまいます。

ですが、他店で購入された自転車も修理していますので、自分の販売できないメーカーの商品に触れることが出来て「このメーカーのものはこうなっているのか」と勉強させて頂いています。

Q.これを読んでいる次代の経営者に一言お願いします。

信念を持つことは一番大事です。
その他に資金に関する事などお店を回す為の基礎になる知識は絶対に持っていないといけないです。
税理士に頼むとお金もかかってしまうので、お金に関することなどの土台になる部分の計算はしてもしすぎることはありません。

基盤だけはしっかりしないといけないと思います。勢いだけでは失敗してしまいます。
自転車販売の組合に入っているのですが、ここより後にオープンしたお店でも閉店しているお店も多くあります。

夢を追いかけるのはかっこいいと思いますが、みんなが応援してくれるとは限りません。
勢いだけでなく、しっかり土台を作っていくことが重要です。

CYCLISTBuddy ABC
静岡県浜松市中区城北1-7-14
JR 東海道本線 浜松駅より遠鉄バス[48]系統「Uホール」停留所から約70m/徒歩で約1分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク