Pocket
LINEで送る

たくさんの交流の中で新しい発見や視点が生まれる

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

もともと服が好きだったのもあり、専門学校のブッティック経営学部マーチャンダイズ科で勉強をしました。
卒業後は大手の洋服メーカーに就職し、2社ほどで営業をしていました。

その後平成元年に浜松へ戻り、独立開業しました。
営業を通して培った経験や仕入れルート等は今も役に立っています。

Q.特に苦労した点は何ですか?

扱っていたブランドやメーカーが無くなってしまったことがありました。
一時期、倒産が続いたこともありましたので大変でした。

後はやはり資金繰りも大変な時期がありました。
まさか取引銀行が潰れてしまうとは思いませんでしたね。

本当に資金が無くて、弁当生活をして仕入れに回すことも多かったです。
車も貰い物でした(笑)

Q.やりがいを感じるときはどんな時ですか?

リピートのお客様が、「やっぱりここで服が買いたい」と言ってくれるのが一番大きいですね。
初期の仲の良いお客様が何十年も続いていますので、ほとんど友達状態で服を買ってくれます。
そういう信用が一番嬉しいですね。

そういったお客様とは、自宅に招いたり一緒に飲んだりバーベキューしたりと交流しています。
なかなかこの年になると新しい出会いも少なくなってきますので、そういうお客様がいらっしゃるのはありがたいですよね。

なので、儲かっているというよりはそういうところが楽しいので続いているという感じですね。

Q.Facebook等拝見すると、遠くからもお客様が来てくださることも多いようですね。

そうですね。近くに同じものがあってもここで買ってくれる方もいます。
話すのが楽しいから来てくれるという方も多いですよね。

年齢的にも、自分たちに近い30~50代くらいのお客様が中心なんですね。
悩んだときに何を買ったら失敗しないかとか、ただ安いものではなくちょっと高くても長く着られたり、流行に乗っていたりするものが欲しいと、アドバイスが欲しくて来てくれるんですよね。

後は経験値ですね。1年前にはコレクションなどで来年の流行なども見ていますから、それを踏まえてのアドバイスもできます。

Q.成功のポイントは何でしょうか?

人を裏切らないという事ですね。商品を極端に高く売ったり安く売ったりしないことです。

何年か前に流行したバスケット用のシューズのように、定価より高くても売れる商品もたくさんあります。
その方が利益率が高いので、そういう売り方をするお店もありますが、自分たちはしませんでした。

自分がされて嫌なことはしないことです。

Q.今後どのようなお店にしたいですか?

今いてくれるお客様がより楽しめるようにしたいです。

もっと気軽に立ち寄れる、飲食やカフェのスペースを作れたらいいなと思います。
なかなか現実はどうなるかわからない部分もありますが。

例えば、会計士や銀行員のお客様もいるので自分たちも相談することもありますし、逆に相談を受けることもあります。
色々な経験をした人が集まるので、そういう交流の中で新しい発見や視点があると面白いですよね。

異業種の人たちが集まれたりすると面白いと思います。

Q.お店の理念等はありますか?

今は流行の商品でも、どこか普遍的なものです。

長く着られるという事にも繋がるのですが、その時は流行であってもいつの間にか定番になるという事は常にあるんですね。そういう品を一つでも多く仕入れられたらいいなと思います。

特に男性はどこかそういうのを求めるんですよね。

Q.尊敬する人物は誰ですか?

父親ですね。サラリーマンでしたが、自分とは全く違う生き方なので尊敬しています。
着実に堅実に、という生き方です。

自分たちのような商売人には無い所ですので、今になって言っていたことが分かるという部分があります。
「こつこつお金を貯めなさい」「ちょっとでも貯金しなさい」とはよく言われました(笑)

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

無理をしないこと!そうはいっても無理をする人はするんでしょうけどね。
自分の中で無理ではないと思うことをやるしかないと思います。

起業する人は、夢を見て無理をしすぎてしまう人が多いのですが、そうすると長く続かないんです。
一時的な無理をする人は割とうまくいく人が多いのも事実です。がむしゃらな人が多いので。

ただ、長い目で見ると続かなかったり失敗が大きくなると思います。

General Store
静岡県浜松市中区田町328-2
遠州鉄道線 第一通り駅より116m/徒歩1分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク