Pocket
LINEで送る

地域の役に立てるお店作りをして欲しい

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

子供の頃に父の仕事の関係で神奈川から磐田に引っ越してきました。
浜松の製菓学校に通い、親戚のいる神奈川で就職活動をした際に、横浜のパン屋さんに勤めることになりました。

パン屋さんは楽しそうで、食べると幸せな気持ちになります。
やりがいがある仕事だと思ったんですね。

いずれは、自分でお店を出すことを目標に頑張っていたのですが、徐々に小麦粉アレルギーになってしまったんです。
パン屋さんとしては致命的で、ぜんそくや肌荒れにもなってしまって、パン屋さんを続けていくことに私自身が限界を感じてしまったんです。

その後違う道に進もうと思い、地元に戻ってきました。

自分自身が体調不良でパン屋さんの開業が出来なくなった経験をして、病気や体調不良が理由でやりたいことが出来ないという方も多いのではないか、と考えたんです。
この先は、体の不調で悩んでいる方のお役に立てる仕事をしようと思ったんですよ。

その時に整体の仕事が目にとまりまして、名古屋にあるスクールに通いました。
それまでは、整体に関して何も知らず行ったこともなかったです。

体の調子の悪い所をバキバキ言わせて治す、というくらいのイメージでした。
学んでいくうちに、整体は筋肉・骨格・背骨の調整をして、体の不調が改善するものだと知ったんです。

そこから整体院で修行をしながら、自分でも勉強をしました。
その中でも「体調が良くなった」「どこに行ってもよくならなかったのが治った」という声を頂いていました。

今から7年前に、奥さんとスタッフ3人の計5人で独立しました。
有り難いことに始めた時はとても順調でしたよ。

ここに来てくれるお客様は「どうにかして欲しい」と私を頼ってきてくれます。
ですので、お客様の体を触るのに責任を感じるんですね。

売り上げに関係なく、「さらに自分を高めたい」「もっと、お客様に還元したい」と思うようになって、柔道整復師の免許を取りに行ったんです。


骨折や捻挫の対処やその古傷への対応など出来る事の幅が広がるんです。
また、ガンや腫瘍の可能性ですとか、首などに問題があってあまり動かさないほうがいい場合など、あらかじめ危険を察知する必要や、整形外科的な検査も必要になってきます。

そういう事も学びたくて柔道整復師の免許を取りました。

今は日本に1000年以上昔からある、「活法」という医術を学んでいます。
昔、戦で傷ついた兵士を治すための方法なのですが、それを代々受け継いできている先生に教えてもらっています。

効果は予測できないんですが、私が治すのではなくて自然作用で勝手に治るんです。
そのお手伝いをしているだけなんですね。

例えば「虫さされ」で痛いかゆいと言っていた方が、治療してみたらすぐによくなったり「ものもらい」が一週間も治っていない方に試したら腫れも充血も引いたりもしました。
今まで常識だったことが非常識だったり、いいと思っていたことが良くなかったり、実は違ったものだったりするんです。

物や機械は壊れても、部品を交換したり修理すれば治せます。
人の体は自然のものですから、自然に治すしかないんですね。

背骨も骨盤も無理に調整すると、反発して戻ってしまうんですよ。
例えば、子どもに「勉強しなさい!」と言っても「やろうと思ったのに!」などと反発してしまう事がありますよね。
そういう子にはやる気にさせたり、興味を持たせるようにする事と自然と勉強したりします。

体も似ているところがあるんですね。
学んでいくうちに、私の中で色々な事が腑に落ちてきて、今まで対応出来なかった事も出来るようになりましたね。

Q.今後どんなお店にしていきたいですか?

治療院は治すことで成り立っている仕事です。
痛みや不調がある時に、ちゃんと治して帰ってもらえる治療院にしたいです。

人の役に立たないと役立たずになってしまいます。
治すからお金をもらえると思いますしね。そういうところが根本ですね。

人間の体も血液とか体液の循環があって、それが滞ると不調の原因になってしまいますから、自然の摂理に沿ってうまく流れるようにしてあげるんです。
体の循環が良くなると、その方の生活循環も良くなって、その方の周りも循環していきます。
人間関係が良くなったり、その方が活躍することでまた新たな循環が生まれたりします。
そういった良い循環を作って行きたいです。

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

地域の役に立てるお店作りをして欲しいと思います。

まだ私もスタートラインに立って、これから一歩を踏み出すところです。
これからしっかり考えてやっていきたいと思っているところなんですね。

色々変えないといけないところも見えてきているんですよ。
常に進化しないといけないですね。

わき目を振っていると色々な情報が入ってきます。
でも、正しい道は一つしかないんですよ。

道を見定めて示された道をちゃんと通るのが大事です。
ちゃんと正しい道を探さないといけないと思います。

お金儲けも悪くないのですが、自我が出てしまうと違う道に行ってしまいます。
誰かが幸せなら、その陰で幸せではない人も居ます。

「お陰様で」と言いますが、周りのおかげで自分がいるという事をしっかり分かった上で、人の役に立てるように行動すれば、間違った道には行かないと思います。

もとしろ整体
静岡県浜松市中区元目町120-18
遠州鉄道 遠州病院駅から636m/徒歩8分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る