Pocket
LINEで送る

「損して、得しろ」

Q.このお仕事を始められたきっかけは何ですか?

自営をやりだす前の話になるんですが、実は元々トラックの運転手をしていたんです。
走行中や納品中に故障が多く、自分で応急処置として直したいという思いを持っていたんです。

色々な職を経験しましたが、元々車をいじるのが好きだったので「どれだけ厳しくても耐えられる仕事」としてこの車の整備、モータース業界に入りました。それが25年前のことです。

Q.このお仕事で苦労したことはありますか?

中古のエンジンで載せ替えれば一般的に考えれば悪い車も直るという認識があったんですが、結果としてあまり良い結果を出せなかったんです。
それは中古のエンジン自体が良くなかったという結論だったんですが、それがわかるまで一番苦労しました。

それ以外にもたくさん苦労はしてきましたが、色んな作業をしていて「壊れた車が直る」というのは物凄く「いい実感」が沸きまして、やっぱりこの仕事はやめられないなと思いました。
お客様がそれで喜んでくれる、それだけでいいんですよ。

Q.この仕事にとってやってはならない事、教訓はありますか?

お客様の笑顔を見るための仕事を一番大事にしています。

例えばなんですが、他の整備会社、ディーラーさんで直せなかった車の修理を私の所で直すことが出来た事があって、こういう仕事をしないといけないと思ったんですね。

結論から言うと、そこまでしてもお客様はなかなか付いて来てはくれないので、お客様が会社を選ぶ時代だと思います。
車は遠方でも買いに行けますし、この西部地区も車検や価格の安い所というのも増えていて、実は今「車検は車検、整備は整備」と分けるお客様も増えているんですよ。

なので、ニーズに合わせて車検を企業努力で他にも負けない価格で以前よりもお安く提供しています。
お客様のニーズを理解して合わせなければいけないというのも今の時代だと思っていますので。

昔は違ったと思います。
イメージとして昔の30年、40年前のモータースさんていうのは車検は「やってあげる。」という感じで、格好もどこに行っても油まみれのツナギを着て車に乗って、お客様は不満に思われているだろうなと思ったんです。

なので、現在は当然出来るだけツナギも汚れないように気を付けていますし、お客様の車に乗る時は紙マットをひいて尚且つビニールのシートをかけて汚れが付く事が無い様に徹底しています。

意外とそういった所はお客様に気づいて頂けないものなんですが、結果としてクレームも無く満足いただけていると思っています。
クレームが起こったとしても、迅速に対応して素人であるお客様にもわかる様にちゃんと修理・説明しています。

また、昔は会社の場所が通り沿いではなかったので宣伝費をかけて中古車販売に力を入れていた事もありましたが、今は考え直しました。
ただ売ればいいという事ではないんですよね。

車は「購入」して「保険」から「整備」「車検」も全てトータルで考えた方がお客様にとっても安くあがると思っています。
別々にする事で「外注」に頼む費用が出たりして高く付いてしまう事も結構あるんです。
保険も加入や満了日のトラブルもあっていざという時に保険が適用されず大惨事になってしまう事もあるので、そういったトラブルを起こさない為にも代理店として任せてもらう方が安心していただけると思います。

私達の会社ではもちろん「国産車、輸入車」の全メーカーの診断機もあり、認証工場となっているので間違いの無い対応を責任を持ってやれる、という所がモータースの最大の強みだと思っています。

Q.これを読んでいる次代の経営者に向けて一言アドバイスをお願いします。

常にお客様の身になって考えないととんでもない事になる、という事ですね。
ただ車をポンポン売ればいいという事ではなく、ちょっとした細かい所も対応できる様にしておく事が大切です。

例えば、オイル交換だけのお客様でも仕事はキチンと受けていれば後から大きな仕事が回ってくる、やっぱり積み重ねだと思っています。
私も昔から「損して、得しろ」と言われ続けてきました。最初は損しても持続していければ得する事も出てくるんです。
これが実際やってみると大変なんですが、大事な事だと思っています。

オートサービスヤマダ
静岡県浜松市東区天王町358-5
JR東海道本線 浜松駅バスターミナル10番乗り場[78]系統「下石田南」下車、徒歩約3分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク