Pocket
LINEで送る

結局大切なのはハート、心ですね。
何かちょっと困ったお客様の相談に乗ってあげたりとか

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

今のお店をやる前は、夫婦で浜松駅近くで『神戸ステーキ』というステーキ屋を始めました。
主人が23歳、私が22歳の時です。主人は神戸で修業をしていて、私たちはその時に知り合いまして、一緒に浜松の千歳町でお店を始めました。

Q.当時は苦労もありましたか?

当時はお互いに文無しでしたので、夢を追いかけてという感じでしたね。
最初は小さいお店で、7坪くらいでした。
何とか成功してよかったなと思います。やる気があれば、お金がなくてもできるんですね。

Q.長く商売できているカギは何ですか?

自分はいつも大きな夢を描いています。夢を追いかけています。
この歳でも地域の人たちにカラオケを提供したり、明るくしてあげたいなとか、その時々によって違うんですけど。

Q.15年前にこちらの店を始められた経緯は?

たまたま近くの家主さんが、「お店をやってみないか?」というので、「いいよ」と言って始めました。
居酒屋にしようというアイディアは主人なんです。55歳から始めたのですが、「この歳から始めるなら居酒屋がいいよ」と言ってくれたので始めました。

Q.新たなスタートだったと思いますが、始めから上手くいきましたか?

始めから赤字はありませんでした。
お客さんも持っていなかったですが、うまく切り盛りできました。
商売というのはなかなか難しいですよね。
結局大切なのはハート、心ですね。何かちょっと困ったお客様のお客様の相談に乗ってあげたりとかですね。
自分にとっては普通ですよ(笑)

Q.今までで一番苦労した点は何ですか?

体が元気なら、苦労を苦労とも思いませんね。
私、病気したこともないんです。苦労することも多いですけど、それを乗り越えられるのは自分の丈夫な体です。親に感謝ですね。

Q.健康に気を使われていることもあるのですか?

やはり食生活です。なるべく塩分を控え目ですね。たらことか揚げ物とか漬物とか塩辛とか。
あとはストレス対策と大好きなこともあって、プールとかスーパー銭湯通っています。
いつも二時間くらいサウナに入ったりします。

Q.今後はどんなお店にしたいですか?

お年寄りが増えてきますので、みんなにここでカラオケを歌って元気に過ごしてほしいと思っています。
昭和のカラオケばかり流したいと思います。
ささやかだけど、みんなが来て昔話をして帰るというお店がいいですね。

Q.そんな中でも社会貢献も意識されているのはすごいですね!

そうは言っても、子育てしているときはお金もたくさん必要でした。
年子の子どもと大学に行かせたときは、仕送りと月謝で50万円くらいかかりましたので、必死に働きました。
 
当時経営していたステーキ店ともう一店舗肴町にお店を持っていましたので、40歳くらいの時でしたけど、行ったり来たりでとってもハードでした。
 
いまは居酒屋だけでのんびりです。お客様に留守番してもらうくらい。
たくさんお客様も来てくれたら、おしゃべりしたりカラオケしたり、おいしいものを作って食べさせてあげたりしたいなと思います。

Q.尊敬する、目標とする人物はいますか?

銀座の「ギルビーA」というお店のママさん(注:有馬秀子さん)です。100歳まで商売をされていた方です。
 
商売は楽しいですから。「嫌じゃない?」と聞かれることもありますが、嫌な人は辞めればいいんです。
私は楽しいですから。嫌なことを考えなければ毎日が楽しいです。
 
私がいつも言うのは、「嫌なことは考えなくてもいいけど毎日少しづつ処理をすること。楽しいことだけを考えて毎日ウキウキ暮らした方がいい」という事です。
 
誰でも嫌なことはありますから、それは少しづつ処理することです。思い悩まないことです。
私は、泣いている人や悩んでいる人はうらやましいと思うんです。私にはそんな時間もなく即行動ですから。
そういう時間がある人は幸せだと思います。

Q.日々どのようなことを思って経営されていますか?

母から言われたことなのですが、材料はみな同じです。その人の作り方で料理は違ってくるんです。
だから手作りでよそとは違ったものを作っています。そういう自信があります。

Q.これを見ている次代の経営者に一言お願いします。

今がチャンスです!
つぶれてしまった居ぬきのお店を借りられるチャンスがあるんです。つぶれてしまうお店が多いですから。
 
余裕をもって40万円くらいはないと始められないですかね。ただ、40万円くらいで物件を借りて、運転資金があればできるなんて安すぎます。
自分が始めた当時は400万円くらいかかりましたから。
 
あとは、田舎とか人の通る道の少ないところではなくて、ここみたいに初めての方でもすっと入ってくるような通りがあったり、
ホテルの前だったりとか、そういうところのお店を手に入れることも大事です。
 
今の浜松には、そういったお店をゲットできるチャンスが多くあると思います。

加減
静岡県浜松市中区鴨江1-11-6
JR 東海道本線 浜松駅遠鉄バス[9][9-22]系統「中部電力」停留所から約343m/徒歩で約5分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク