Pocket
LINEで送る

何でも気軽に相談してもらえるように心がけています

Q.この仕事を始めたきっかけは何ですか?

以前より犬が好きでしたしその頃主人が経営について学んでいたこともあって、ペットのお店を始めることにしました。

当時ハスキー犬を飼ってはいたのですが、私自身フードなどの知識はほとんどなく、ブリーダーさんに言われたものをそのまま与えていました。
しかし、今思えばそれは子犬用ではなく成犬用だったんですね。

犬も子犬から成犬、そして老犬となっていきますので、「ああ、知らないという事は怖いことだな」と思いました。そこから、詳しい人に入ってもらい教えてもらいながら、ドッグフードなどの専門知識を身に付けていきました。

Q.オープン当初はどんな様子でしたか?

当時の浜松には、ドッグフードについて説明してくれるお店がなかったので、多くの方にご来店頂けました。
トン単位で売れたこともあります。
当時は、シャンプーやおやつ類、またリード等に関してもほとんど知られていない状況でしたね。

Q.お店作りから始めたと思いますが、大変だった事はありますか?

例えば、ワンちゃんごとにアレルギーの有無や太りすぎ痩せすぎなどでお勧めフードが変わるのですが、やはりこちらもしっかりと勉強をしないといけませんでした。

一頭ごとに、なぜ太りすぎてしまったのか?体重やフードを与える量は適切か?を聞きながらおススメしていかないといけません。

Q.今回笠井新田から佐鳴台へと移転をされたという事ですが、何かターニングポイントがあったのでしょうか?

息子たちが帰ってきて手狭になったのもあるのですが(笑)
情報発信には、やはり皆が集まる中央にお店を構えて、来店頂くことが大切だと考えて移転をしました。

以前も7~8年ほど佐鳴台のホワイトストリートでお店をしていましたので、その頃のお客様も多くご来店いただけますし。。
再開したときに「戻ってきてくれたの?」と言って下さるお客様もいらっしゃいますので、ありがたいことだと思います。

Q.今後このお店をどのようにしていきたいですか?

お客様に喜んでいただけることが一番です。
「このフードにして良かった」「症状が改善した」という声が聞こえるのが一番嬉しいことですね。
その子に合ったフードをしっかりお伝えできればいいなと思います。

Q.お店を経営するうえで日々心がけていることはありますか?

入りやすくて、何でも気軽に相談してもらえるように心がけています。
ここに来て、何か一つでも情報を持って帰って頂けたらいいと思います。

Q.これだけはやってはいけないという事はありますか?

考えや意見を押し付けることです。
「本当にいいから使ってみて」というのは大事なのですが、「そこまでしなくても別にいいんじゃないか」というものまでは売りたくないですね。

その子に本当に必要なものであれば、買って行ってもらえたらいいのかなと思います。
無理強いはしないです。

Q.やりがいを感じたこともありますか?

ずっと下痢が止まらない子が来て、お勧めしたフードで改善したという事もあって、そういう声を聞くとうれしいですね。

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

ぺットを取り扱うとしたら、やはり動物が本当に好きでないとできませんね。
あとは、商品についての説明は必須ですから、しっかり勉強が必要です。

しっかり説明できて納得して頂けるという事が、量販店にあるショップとの違いであり、売りですね。
フード等で困っている方がいれば声をかけて頂ければ嬉しいです。

ペットの雑貨屋さんMOMO
静岡県浜松市中区佐鳴台3-52-28-101
JR 東海道本線 浜松駅より遠鉄バス[0][8][8-22][9-22]系統「ホワイトストリート」停留所降りてすぐ
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク