Pocket
LINEで送る

時代に合わせて変化していくことが大切

Q.今のお仕事を始めたきっかけは何ですか?

以前母が手芸店を経営していたのですが、脳梗塞で動けなくなってしまったんです。
ショッピングセンターのテナントとしてお店を出していた都合で契約期間があったので、お店を閉めるとなると違約金500万円が必要でした。

お店を継ぐ事は考えていなかったのですが、わからないなりにお店を引き継いで500万円使っても違約金を払っても、同じ事かなと思い始めたんです。
ただ、お店には母のやり方というものがあって、それは仕入れに関してもほとんど教えてもらえなかったんですね。

母はお店を閉めるつもりで、規模を縮小して商品の仕入れはせずに洋服の仕立てや直し、ミシンの販売をメインにしていたんです。
私が引き継いだ時には手芸屋さんとしての商品が少なくて、お客様に売るものが無いという状況でした。

まずは商品を揃えるために訳も分からないまま、仕入れ先の開拓の為に色々な所に行きました。
お店としてやっていけるように、とはいえ高いものは仕入れることが出来なかったので、安いものでもとにかく店内を商品で一杯にしました。
お客様からはお店に来るたびに変わったと言われるくらいに、店内のレイアウトを変えてみたりもしましたね。

お店を続けていくうちに、仕入れ先やメーカーさんも力になってくれていましたので、ここまで来たらやるしかないと思い、ショッピングセンターのリニューアルがあった際に、屋号も変えて店内も綺麗にして再スタートしたんです。

まだまだ自分自身でわからない事も多かったので、もっと勉強しなくてはと思いました。
ただ、どうしてもショッピングセンター内では、営業時間も合わせなくてはいけませんので、勉強する時間が取れなかったんです。

人を雇ってお店を任せて自分が勉強するとしても人件費が出せないですし、どうすればいいかなと考えていた時に、ちょうど路面店で空いている物件が見つかったのでそこに移動しました。
そして建物の都合で、今のお店に引っ越してきたんです。
ここに来て1年半になります。

私は人との出会いに非常に恵まれていまして、仕入れ先も大手でやり手のところと出会える事が出来て「サジュー」ですとか「ズパゲッティ」など非常に珍しい商品が仕入れられるようになりました。

良い問屋さんとも知り合う事が出来て、通常のお店では生地を丹で売るため商品を多く置くことが出来ないのですが、生丹をわざわざカットして頂いて、カット売りで最新の生地から珍しい生地まで多くの種類を色々置くことが出来るようにもなりました。
ですので、1回の仕入れで多くの種類の生地がお店に入ってくるんです。

また、ショッピングセンターから出た後すぐに勉強をして資格を取ったのですが、いい先生に出会えた事でかなりスムーズに資格も取ることが出来たんです。
あとは母が持っていた知識が実はかなり高度な知識だったので、それを私は小さいころから教えてもらっていたという事もありました。

Q.ご商売をされて大変だったことは何ですか?

以前、メーカーさんの協力もあって新しいものをいち早く取り入れていたんですが、お客様にはそれがわかりませんので、あまり興味を引くことが出来なかったんです。

その何年後かにうちのお店に来て、ようやくこれ知ってるよ、これネットで買ったよというお声があったんですね。
先を見ながらもしっかりと情報を発信していくことが大切だと感じましたね。

Q.お店をされていてよかったことは何ですか?

やっぱり常連のお客様がいつまでも来てくれることですね。

Q.今後どのようなお店にしていきたいですか?

やりたいことは沢山あるんです。
4月から委託販売も始めました。作家さんの作品を展示、販売しています。

今後も色々な作家さんと交流が出来ればいいですね。
資格の取得もやっていますので、スキルを磨きたい方達ともどんどん交流をして、お互いを高めあって行きたいと思います。
相乗効果では無いですが、情報交換することによって新しいものや人気のあるもの、変わったものをもっと仕入れしていきたいです。

後々はカフェを併設して、自分も教えつつきちんとしたレベルで教えられるスキルの高い先生をお呼びし、みんなで学びあう、教えあう場を作りたいですね。

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

今まで通りではなく、新しい事を始めて成功して言う人は多いですよね。
停滞せずに良いものは残しつつも、時代に合わせて変化していくことが大切だと思います。

昔は経営としてよかったもの、常識的だったものが今はそうでは無くなっています。
家から出なくても買い物が出来る時代の中でどうやって人を集めるのか、お店の情報をどう提供していくのか、という事を考えていく事が必要だと思います。

高校生も社長になる時代ですので、いかにアイデアを出すか?と他にはないオリジナルなものを取り扱っていく事が大事だと思います。

手芸工房Yuki
静岡県浜松市中区泉3-9-34
JR東海道本線 遠鉄バス[40・41・45・46・46-テ]系統「幸町」下車 徒歩約2分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク