Pocket
LINEで送る

地域に根付くということが本当に大事です

Q.お店を始めたきっかけは何ですか?

母が美容師で父が理容師だったので、自然に私も美容師を志していました。
熊本出身ですが東京の美容室で勤めていて、そこで主人と出会い結婚を機に主人の地元の浜松に移りました。

元々夫婦で同じ職業だったので、いずれは自分達のお店をやろうと考えていましたが、浜松で2年ほど別々の美容室に勤めたのち広沢でお店を立ち上げたんです。

Q.開始時はどんな状況でしたか?

夫婦でそれぞれ別々の美容室に勤めていたので、主人と私のそれぞれのお客様が独立したことをすごく応援して頂けて、クチコミで広げて頂いたのもあって、出だしは順調でした。
本当にありがたいことです。

お店の場所が閑静な住宅街で、学校が近くにあった事も良かったと思います。
おかげさまで、広沢で25年、西伊場町に移転して2年、お店を始めてもうすぐ28年になろうとしています。

Q.長くご商売をされた広沢から西伊場町にご移転されたのは、何かきっかけがあったのでしょうか?

以前より両親や周りの方々から、テナントだと家賃を払うだけで何も残らない為、費用はかかっても自分のお店を持った方がいいとアドバイスを頂いていました。

ただ、テナントの大家さんもすごくいい方でしたし、なかなか真剣に考えるきっかけがなくて。
でも自分たちも年を重ねていくなかで、投資をするなら最後のチャンスだなと思い踏み切りました。

Q.一番苦労したことは何ですか?

結婚して2年ほどでお店を出したのですが、妊娠・出産があったので大変でした。
妊娠中もずっとお店にいましたし、出産して1か月後には働いていました。

お店に子供を連れてきて奥で寝かして仕事をしていましたので、泣き出してお店全体に泣き声が響いたりしてました。
くつろぎに来るための美容室ですので、子供の声がうるさいのは申し訳ないなと思っていました。

その事が原因で離れていかれたお客様もいたかもしれません。
ですが、ほとんどのお客様が温かくみて頂けて、子供がグズったりすると抱っこして表に行ってくれたりとか面倒を見てくれました。

子供を育てている間は大変だったなと思いますが、本当にお客様に助けて頂いて恵まれていると思います。
今でも子育ての時期を知っているお客様は「歩行器に乗って走り廻っていたよね」、「おんぶして仕事していたよね」と懐かしんでくれます。

自分たちの今までの歴史を一緒に歩んでいてくれるようで、本当にありがたいです。
これは自分たちのお店だからこその喜びですね。

主人も私と一緒に子育てをしてくれて、「仕事よりも子育ての方が大変だね、男は仕事に逃げているのかもしれない」と言っていましたけど、おむつ替えから色んなことをよく面倒をみてくれました。

会社勤めでは出来ない、夫婦ともに間近で子供の成長を見ていけたのはよかったと思います。

Q.経営理念などはありますか?

皆さんにくつろいで頂き「来てよかった」と思ってもらいたいので、お客様の要望には出来る限り答えていきたいと思います。

Q.今後どんなお店にしていきたいですか?

移転して2年でまだ新しいですが、西伊場という地域をより知って地域に可愛がって貰えるように、根付いて身近な存在になっていけるように頑張っていこうと思います。

Q.経営においてやってはいけないと思うことはありますか?

今は美容室もどんどん新しく出来てきているじゃないですか。
第一は、他店の悪口や批判はまずしない、出来れば周りのお店とも仲良くやっていきたいですし。

道徳的なところというか、人として当たり前の事をやっていくことが大事だと思います。

Q.これを読んでくれている次代の経営者に一言お願いします。

地域に根付くということが本当に大事だと感じています。

私が子育てをしている時も、周りの先輩方から病院だとか色んな情報を教えて頂いたり、助けて頂いたりしました。
移転前はテナントだったので自宅から通っていましたが、自分がそこに住んでいるみたいな気持ちで周りを大事にすれば、今度は周りがこちらを大事にしてくれます。

色々な人との出会いを大切にして欲しいと思います。

髪工房 紫瑠紅Road
静岡県浜松市中区西伊場町70-22
JR東海道本線 浜松駅バスターミナル5番乗り場[20]系統「西郵便局」下車、徒歩約5分
詳しくはこちら

 
ホームに戻る

スポンサーリンク